賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

賃貸経営ニュース

賃貸経営に役立つ最新のニュースをお届けします。
> トップページ > 賃貸経営ニュース> 定期借家契約のメリット

定期借家契約のメリット

記事要約

定期借家契約の普及が伸び悩んでいる。そもそもまだ認知度が進んでない点と、誤った理解がされている点がその原因となっているようだ。”家賃が下がる”、”手続きが面倒”、”入居者が反発する”などが上げられているが、きちんと理解・整理することにより賃貸人・賃借人の双方にとってメリットのある契約になり得るという。

株式会社シンワコメント

定期借家契約は、通常賃貸と異なり不動産売却や大規模改築をする際に、入居者に立退き料を払う必要がありません。長い目で見れば、立退き料を払わなくてよい分は家賃を下げることができる訳です。これは賃貸人・賃借人の両者にとってメリットとなり得るでしょう。また手続きについても不動産会社で契約書作成は行いますので、オーナー様の手間は変わりません。持ち家・分譲マンションの売却を検討されている方にとっても、暫定対応として定期借家にするという選択肢は充分ありだと思います。少なからず賃料収入が入る点と何よりも空家にすることによって住宅が老朽化するのを防げるというメリットは大きいでしょう。弊社でも既に多くの実績がありますので、ご気軽にご相談ください。

投稿者 賃貸経営ナビ: | 経営情報

賃貸経営ニュースのトップへ

賃貸経営ご相談窓口(無料)