賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

賃貸経営ニュース

賃貸経営に役立つ最新のニュースをお届けします。
> トップページ > 賃貸経営ニュース> 間違いだらけの賃貸経営

間違いだらけの賃貸経営

記事要約

「できることは自分でする」というオーナーが増えている。熱心さは買うがかえって費用が高くついている部分があるという。こうしたオーナーの間違いを各方面のプロが指摘する。
・工事に何でもかんでも保証を付けるとその分、割高になる
・セキュリティー対策は入り口だけでは不充分・入居者のプライバシー侵害に注意・家賃督促もやり方を間違えると訴えられる可能性がある
・少額訴訟よりも通常訴訟の方が有利の時もある
・自前の掃除は天井付近が荒くなりがち。廊下やロビーの照明も盲点になる

株式会社シンワコメント

最近サラリーマンでも大家さんを兼業でやりたいという人が増えている用です。賃貸ビジネス周辺の環境は年々厳しさを増す中で、プロの不動産屋さんと渡り合って全て一人でやっていくのは多少無理が有るかもしれませんね。特に入居者とのトラブル解決については近年の「入居者保護」の流れの中で不慣れな大家さんが独力でやられるには限界があると思います。やはり「餅は餅屋に」。任せる部分はその道のプロに任せ、不動産会社と2人3脚でやっていくのが効率的ではないでしょうか。いづれにしても知識として大家さん経営のノウハウを知っておくことは重要なことです。弊社もやる気有る大家さんの勉強をバックアップできるよう、今後も賃貸経営のノウハウをHPでも情報発信していきます。

投稿者 賃貸経営ナビ: | 経営情報

賃貸経営ニュースのトップへ

賃貸経営ご相談窓口(無料)